紙博で、紙に埋もれる言い訳に埋もれる

20170416-00

紙の博覧会「紙博」に行ってきた。
15日の昼頃に入場したら、会場は人、人、人、人、ひt(以下略
ゆるくのんびり紙を愛でて〜なんて言ってられない熱気。

けさ、主催する手紙舎さんのTwitter
「混雑状況に応じて入場制限をする可能性がございます」と書かれていたので
今日(4/16)に紙博に行く人は、はやめに行くほうがいいと思う。

ここから先は、紙博で購入したアイテム(と、少しばかりの衝動買い言い訳)紹介。

ブックカバーセット(AIU-AO Design)
20170416-01
どこかの文明にありそうな柄が印刷された文庫本ブックカバー。
スタッフさんが見せてくれた、3年使ったブックカバーが素敵で購入を決める。

このカバーの新書版も欲しかったな……私が行ったタイミングではあいにくなくて、残念。

イザベル・ポワノさんのラッピングペーパー(手紙舎) × MDノート A5方眼罫
20170416-02
イザベル・ボワノさんのラッピングペーパー(3枚入)は、柄に一目惚れして衝動買い。
ラッピングペーパーなんて、私の日常生活で使う場面どこにあるのよと思いつつ……。

でも、ないと思いきやあったあった使い道。
最近買ったMDノート(A5方眼罫)のカバーにしたら、いいじゃない。
サイズに合わせて切る必要もなく、ノートにあわせて折り込むだけでノートカバーが完成した。

ラッピングペーパーがきれいな状態のままノートを使いたいので、
透明ビニールのMDノートカバーでさらに保護してみた。
うむ、我ながら良い衝動買いだった(言い訳、いいわけ)

メガネが拭ける和紙懐紙(和紙田大學)
20170416-03
和紙田大學さんのメガネが拭ける和紙懐紙は、この日買ったものの中で最も頻繁に使いそう。
和紙でレンズがきれいになるとは……和紙の使い道、新発見!

これは試さずにいられない。
メガネレンズっぽいドット柄も気に入ったし、4枚入で400円なら買わない理由なし。で、購入。
1枚2週間程度使えるそうなので、単純計算で2ヶ月は使える。

スタッフさんによると、レンズ工場の最終拭き取り工程で使う和紙で作られているのだそう。
早速メガネレンズとスマホを拭いてみたらみたら、一気に曇りが取れて驚いた。
これが産業世界アイテムの底力か……。当面この子をメガネクリーナーとして使うつもりだ。

【Information】
紙博
開催期間: 2017年4月15日(土)、16日(日)
時間: 15日 10:30-17:00 | 16日 10:00-16:00
会場: 東京都立産業貿易センター台東館 7F展示室
入場料: 大人500円(小学生以下無料)
URL: http://kamihaku.jp/201704/